您现在的位置: 主页 > 其他语种 > 日语 > 日语阅读 > > 正文

寓言:ごちそうに招かれたイヌ

作者:admin    文章来源:盐田区外国语学校    更新时间:2017-12-07

ある人が、友だちをもてなすつもりで、ごちそうのしたくをしていました。
 その人の飼っているイヌは、自分も友だちのイヌに、
「きみ、ぼくのところへ、ごちそうを食べにきたまえ」
と、いって、招待しました。
 招かれたイヌは、ほくほくしてやってきました。
 そして、いっぱいに並んだごちそうを見て、心の中で、
(すごいなあ。ぼくの為に、こんなうまそうな物が出てる。夢の様だなあ。よーし、腹いっぱいどんどん食べて、あしたは一日中、腹がへらないようにしてやろう)
と、考えながら、しきりに尻尾を振っていました。
 友だちのイヌを信用しきっているので、全部、自分の為のごちそうだと思っていたのです。
 その家のコックは、さかんに尻尾を振っているイヌを見つけたとたん、足をつかまえて窓の外にポンと放り出してしまいました。
 イヌはキャンキャン鳴きながら、逃げ帰りました。
 その途中で、ほかのイヌたちに会いました。
 中の一匹が、
「きみ、ごちそうはどうだったの?」
と、聞きますと、このイヌは本当の事をいうのが恥ずかしいので、
「いやあ、お酒を飲み過ぎて、すっかり酔っぱらってしまってね。どこからどうやって出てきたか、覚えていないくらいなんだ」

 このお話しは、自分にはお金がないのに、ほかの人をあてにして、気前の良い事をいう人を信用してはいけないと教えています。伊索寓言ごちそうに招かれたイヌ