您现在的位置: 主页 > 其他语种 > 日语 > 日语阅读 > > 正文

日语阅读:乞食と福の神

作者:admin    文章来源:盐田区外国语学校    更新时间:2017-11-08
 乞食(こじき)が、ぼろぼろの袋(ふくろ)を担(かつ)ぎながら、街(まち)を歩いていました。

  歩きながら、独り言(ひとりごと)を言っていました。

  「どうして、お金持ちというものは、お金や物を、たくさん持っている上にも、なお、もっと欲しがるのだろう。人というものは、その人のみについた分(ぶん)ということを、知っていなくてはいけない。」

  そのとき、どこからか、ふいに福の神(ふくのかみ)が現れました。

  「わしはお前の今の独り言を聞いて、感心(かんしん)したよ。ちょうど、よい具合(ぐあい)に、ここに金貨(きんか)をたくさん持っているから、お前にみんなやってもよい。さあ、その袋へ入れてやろう。」

  乞食は喜んで、袋を福の神の前に、出しました。

  「ところで一つ約束(やくそく)がある。それはもしこの金貨が、袋からあまって出て、土(つち)の上に落ちたら、みな塵(ちり)になってだめになってしまうということだ。お前の袋は、大分(だいぶ)古いようだから、あまりたくさんいれないほうがよいぞ。」

  乞食は大(おお)喜んで両手で、袋の口を広げました。

  その中へ福の神は、バケツに水を入れるように金貨を注ぎ込みました。

  「もう、これくらいで、いいだろう。」

  「もうすこし、ください。」

  「わしは構(かま)わないが、ふくろが破れ(やぶれ)はしないか。」

  「大丈夫(だいじょうぶ)ですから、もうすこし。」

  「おい、もうこんなに、大金持ちになったぞ。」

  「でも、もう一つかみだけ。」

  「さあ、これで一杯(いっぱい)だ。」

  「でも、もう一枚だけ。」

  「よし、いれるぞ。」

  そこで、福の神が、一枚の金貨を落としますと、一緒にたちまち袋の底(そこ)がぬけて、金貨は、一度に土の上に落ち、そうして、約束通りに、みな塵になってしまいました。

  それと一緒に、福の神の姿(すがた)は消えて、乞食の手には、空(から)の袋が、残っただけでした。

  つまり、乞食は、この袋の底が抜けただけ、前よりも損(そん)をしたことになりました。

  一个乞丐肩背一个破袋子在街上走。他边走边自言自语地说:“为什么有钱人已经有了很多的钱和物,还想要更多呢。人啊,应该懂得各自的本分。”

  这时,不知从什么地方忽然出现了一个给人带来幸福的神仙——福神。

[1]